2008年04月17日

中国株は儲かる条件が揃った

中国株は儲かる条件が揃った
私は今流行りのFXをやったことがありません。また、プロと言われる巷の情報を買って勉強するつもりもありません。

なぜならFX関連の商材は高額商品が多い上、それに対してリスクが大きい、詐欺だというコメントが明らかに多いからです。また、株式投資、不動産投資、ファンド、外貨運用など資産の運用手段が様々ある中で、それを選ぶのは個人の自由です。

ただ言えるのは、中国株投資は極めてシンプルで簡単な上、利益を上げやすいということです。



あなたは何のために高額な商材をわざわざ買うのでしょうか?高い方がその分価値があると思っているからですか。そして、やっぱり詐欺だった〜と不平不満を言うだけで泣き寝入りしていませんか。



私は他の商材を叩いて自分の商材を正当化するつもりは微塵もありません。ただ、使えない情報を高額で購入し、泣き寝入りしている読者の方があまりにも多くいるため、本当に役に立つ情報が埋もれている現実に憤りを感じています。



こう書いたところで、どうせこの商材も詐欺に違いないと思われる方もいらっしゃるでしょう。それならそれでしょうがないです。それはご縁がなかったということですから。



この商材は、はっきり言いますが、初心者の方がいきなり株で勝つために、そして株で勝てない方を救うためにまとめてあります。中上級者の方で既に数千万の利益を出している方にとっては辛口にコメントする方も出てくるかもしれません。しかし、初級だろうが上級だろうが、稼いでいるのは事実です。自分なりの投資手段を持って稼いでいる方は、決して買わないでください。





中国では、毎年のように桁違いのお金持ちが増え続けています。いまや1000億円以上の資産をもったお金持ちが146人となり、これは1年前の85人からさらに増加していて、米国に次いで世界第2位のお金持ちの国となりました。



今度はあなたの番です!

1000億円稼げとは言いませんが、この一生に一度あるかないかのチャンスを逃したら、あなたは一生後悔することでしょう!



もしあなたが、このチャンスをご理解できないのなら、今すぐもう一度読み返していただけませんか?!



そして、ぜひこのチャンスを掴みあなたの夢を叶えてください。
あなたが中国バブルの恩恵を受けて成功することで、私は幸せです。
その結果、日本全体も潤うことができるのですから。
株初心者が中国株で本気で勝つ金メダル投資法【株価変動お知らせソフト付き】
posted by 中国株本気で at 08:30| 中国株で本気で勝つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株で本気で勝つ金メダル投資法【株価変動お知らせソフト付き】

中国株で本気で勝つ金メダル投資法【株価変動お知らせソフト付き】
中国はここ5年連続で経済成長率10%以上の上昇を続けており、日本が約0.5%で推移している現状と比較すると目覚しい発展を続けています。







中国が発展し続けている中、どうしてバブルが崩壊する危険性があるのかご存知ですか?







中国がバブル崩壊と騒がれる大きな要因は、貿易黒字による国内の金余り現象(過剰流動性)が株式や不動産などに過熱的に投資され、実際の価値以上に価格が上昇していることと、中国政府による経済コントロールに歪みが出てきているからです。



要するに輸出で得た外貨が人民元として中国国内で過剰に流通し、そのお金が株式や不動産に投資され、急激な高騰をもたらしているのです。そのため、投資家の投資意欲減退によって急激に下落する可能性を秘めています。



しかしながら、米国のサブプライムローン問題は中国のバブル市場にも影響を及ぼし、投資過熱にほどよい抑制をもたらしています。また、次のことを知らない方が多いのですが、我々日本人が投資する市場は、香港市場であり、バブルと騒がれる上海市場ではありません。



中国では政策の違いから、中国本土市場と香港市場に分けられていて、中国本土の中国人は香港市場に投資できないのです。



もちろん中国バブル崩壊となれば、香港市場だけではなく世界経済に影響が出ますが、北京五輪や上海万博を控えた中国政府は、国の威信をかけてこれを何としてでも成功させようとしています。



そのため、少なくとも北京五輪までは景気が後退するようなことを全力で避け、金融引き締め策によって厳しく市場をコントロールし、株価の安定化を図るでしょう。株初心者が中国株で本気で勝つ金メダル投資法【株価変動お知らせソフト付き】
posted by 中国株本気で at 08:29| 中国株で本気で勝つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。